FC2ブログ































ふたたび失敗、そして直前

ふたたび失敗、そして直前

つぎにやりとりをしていたのは、同じ県に住む池田さん(仮名)という30歳前後のカップル。

たしか彼女のほうはまだ20代で、目隠しをしていない写真をどーんとおくられてきたときには、
「若さってすごい」
と驚いてしまいました。
おまけにフェラの動画やらハメてる動画やら、やたら動画を送ってきます。
濃い陰毛にうずまったペニスをひたすらしゃぶっている彼女。
あそこにペニスがにゅるっと挿入される瞬間。
顔もばっちりうつってます。

うじうじと「スワップなんてまさか・・・・」と悩んでる私は、前時代の遺物なのかと思ってしまいました。

池田さんは何月何日どこそこに泊まるので会いましょう、ということを細かく指定。
私たちはなんの疑いもなくその日を待ちました。

しかし。
結果として、それも釣りだったのです。

それまで定期的に来ていたメールが、指定の日にちの近くになるとぱったりと途絶え、夫が伺いのメールを送っても返信がなく、ようやく私たちは池田さんが会う気もなかったのだということを悟ったのです。

私は、顔写真までさらしてもそういうことができるんだ、ということが不思議でしかたありませんでした。
ひょっとしたら彼女とうまくいかなくなってしまったのかも・・・?
など好意的にとらえようとも思いましたが、どっちみち会うこともない人のことを考えてもしかたない。
そう切り替えて、次に会う予定の相手に照準をあわせるように努めました。

次にやりとりしていたのは、やはり同じ県に住む上野さん(仮名)というわたしたちと同世代のご夫婦。
上野さんはスワップ経験者。
ノリも軽く、感触はよかったのですが、二回失敗している私たちは慎重になっていました。

上野さんは初心者である私たちのことをよく理解してくれ、スワップにこういうこと(だまされたりとか)はつきものだということも教えてくれました。

続きはこちらをご覧下さい!
関連記事
[ 2012/10/15 12:47 ] 夫婦交換系のニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kanjukukai2.blog.fc2.com/tb.php/95-7c688f8d